奥村・高村研究室

日本語/English

奥村・高村研究室では,ことばを計算機で処理する技術(自然言語処理)に関する研究と,その技術を用いた応用システムの開発を行なっています.
ことばの理解というテーマでは,難しいとされる,意味,文脈理解に関する研究を中心に行なっています.それと同時に,世の中で役に立つシステムの開発も行なっています.具体的には,テキスト要約,人々の意見,感情を分析する評判分析,ソーシャルメディアを対象としたテキストマイニングなどに関するシステムを開発しています.

主な研究テーマ | 研究室に加わりたい皆さんへ | アクセス

新着情報

  • 2019/6/17 情報処理学会第240回自然言語処理研究会(NL研)において,以下の論文が優秀研究賞を受賞しました.
    石垣 達也, 黃 瀚萱 (国立台湾大学), 陳 信希 (国立台湾大学), 高村 大也, 奥村 学
    コピー機構を用いたクエリ指向ニューラル生成型要約
  • 2019/6/04 PRICAI2019に以下の論文が採録されました。
    Chenlong Hu, Mikio Nakano, Manabu Okumura
    AutoEncoder Guided Bootstrapping of Semantic Lexicon
  • 2019/5/14 ACL2019に以下の論文が採択されました。
    Takuya Makino, Tomoya Iwakura, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Global Optimization under Length Constraint for Neural Text Summarization
    Soichiro Fujita, Hayato Kobayashi and Manabu Okumura
    Dataset Creation for Ranking Constructive News Comments
  • 2019/3/28 言語処理学会論文誌に以下の論文が採録されました。
    青木 竜哉,笹野 遼平,高村 大也,奥村 学
    ソーシャルメディアにおける単語の一般的ではない用法の検出
  • 2019/3/15 言語処理学会第25回年次大会において,以下の3名が若手奨励賞を受賞しました.
    ○町田和哉
    質問-回答対を利用した半教師有り抽出型質問要約
    ○石垣達也
    談話構造を考慮する階層的注意機構による抽出型ニューラル単一文書要約
    ○人見雄太
    出力長制御を考慮した見出し生成モデルのための大規模コーパス
  • 2018/12/16 言語処理学会論文誌に以下の論文が採録されました。
    石垣 達也,高村 大也,奥村 学
    複数文質問を対象とした抽出型および生成型要約
    三浦 康秀,狩野 竜示,谷口 元樹,谷口 友紀,三沢 翔太郎,大熊 智子
    木構造とグラフ構造を用いたオンライン議論における談話行為の分類
  • 2018/10/17 情報処理学会論文誌データベース(TOD)に以下の論文が採録されました。
    馬緤 美穂, 笹野 遼平, 高村 大也, 奥村 学
    職業ごとの行動に関する知識の収集
  • 2018/11/01 AAAI2019に以下の論文が採択されました。
    Yasufumi Taniguchi, Yukun Feng, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Generating Live Soccer-Match Commentary from Play Data
  • 2018/09/07 INLG2018に以下の論文が採択されました。
    Abdurrisyad Fikri, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Stylistically User-Specific Generation
  • 2018/05/07 COLING2018に以下の論文が採択されました。
    Arata Ugawa, Akihiro Tamura, Takashi Ninomiya, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Neural Machine Translation Incorporating Named Entity
  • 2018/04/25 3月に修士課程を修了した谷口泰史による研究が日本経済新聞で紹介されました。
  • 2018/03/16 以下の論文が言語処理学会2017年度最優秀論文賞を受賞しました。
    笹野 遼平, 奥村 学
    大規模コーパスに基づく日本語二重目的語構文の基本語順の分析
  • 2017/10/01 高村大也准教授はチームリーダーとして産総研人工知能研究センターに異動しましたが,クロスアポイントメント制度を利用して,本学では教授として引き続き学生の指導を行います.
  • 2017/09/01 IJCNLP2017に以下の論文が採択されました。
    Tatsuya Ishigaki, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Summarizing Lengthy Questions
  • 2017/07/01 EMNLP2017に以下の論文が採択されました。
    Tatsuya Aoki, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Distinguishing Japanese Non-standard Usages from Standard Ones
  • 2017/06/07 WI2017に以下の論文が採択されました。
    Soichiro Hirota, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Real-Time Tweet Selection for TV News Programs
  • 2017/05/31 PACLING2017に以下の論文が採択されました。
    Tatsuya Aoki, Katsumasa Yoshikawa, Tetsuya Nasukawa, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Detecting Earthquake Survivors with Serious Mental Damage
  • 2017/03/31 ACL2017に以下の論文が採択されました。
    Soichiro Murakami, Akihiko Watanabe, Akira Miyazawa, Keiichi Goshima, Toshihiko Yanase, Hiroya Takamura and Yusuke Miyao
    Learning to generate market comments from stock prices
    Shun Hasegawa, Yuta Kikuchi, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Japanese Sentence Compression with a Large Training Dataset
  • 2017/03/16 修士課程2年の村上聡一朗が言語処理学会第23回年次大会で若手奨励賞を受賞しました。
  • 2017/03/16 准教授の高村大也が言語処理学会第23回年次大会で優秀賞を受賞しました。
  • 2017/03/10 CICLING2017に以下の論文が採択されました。
    Masanori Hayashi, Ryohei Sasano, Hiroya Takamura and Manabu Okumura
    Judging CEFR Levels of English Learner's Essays Based on Error-type Identification and Text Quality Measures
  • 2017/01/12 修士2年の村上聡一朗による研究が朝日新聞で紹介されました。
  • 2016/12/02 EACL2017に以下の論文が採択されました。
    Hiroya Takamura, Ryo Nagata and Yoshifumi Kawasaki
    Analyzing Semantic Change in Japanese Loanwords

ゼミ合宿2018

リンク

    • 旧所属

PD9waHAgLyogZWMzX2dldF9ldmVudHMoNSk7ICovID8+